自治体における健康課題分析と、課題に最適な施策立案を可能にする「健幸政策SWC-AI」の開発に成功しました。

  1. トップ
  2. 実積紹介
  3. 自治体における健康課題分析と、課題に最適な施策立案を可能にする「健幸政策SWC-AI」の開発に成功しました。

このたび、筑波大学、つくばウエルネスリサーチ、NTTデータ経営研究所の産学共同研究チームは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)による3年間の研究委託事業(プロジェクトリーダー:筑波大学大学院教授 久野譜也)のもと、自治体の健康課題とその原因の見える化、将来予測を踏まえた最適な健康政策を提案できるAI「健幸政策SWC-AI」の開発に成功しました。紹介動画をアップします。 (「健幸政策SWC-AI」商標出願中)