日本経済新聞に弊社代表久野が“コロナ下、交流の日常 取り戻す”についてコメントする記事が掲載されました メディア掲載

  1. トップ
  2. メディア掲載
  3. 日本経済新聞に弊社代表久野が“コロナ下、交流の日常 取り戻す”についてコメントする記事が掲載されました

2020年9月21日付の日本経済新聞朝刊に「コロナ下、高齢者の健康とスポーツ 交流の日常 取り戻す」についての掲載記事があり、そこで弊社代表久野がコメントしております。

コメント概要

  • 外出自粛が長期化すれば、認知機能の低下につながっていく
  • 外出自粛の影響を尋ねた高齢者への調査で「同じことを何度も聞く」「物忘れが気になる」と回答した割合は、5月に新潟県見附市で行った調査では12.5%だったが、7月に大阪府高石市など4市で行った調査では27.7%であった
  • 状況は悪くなっており、半年後、1年後にはより深刻化している恐れがある
  • 「Go To コミュニティー」感染予防や経済活動の再開と並んで重視すべき課題として、過度の外出自粛による高齢者への「健康二次被害」の回避を挙げ、趣味やスポーツを通じ、人と交流する日常を取り戻すことが重要
  • 感染リスクはゼロにはできないが、会話や笑いのない生活はさらに危険
  • 外出しやすい環境づくりとともに、高齢者でも使えるICT(情報通信技術)のインフラを整備し、「対面」「オンライン」のハイブリッドで社会を回すべき