事業内容

「自然と健幸になれる」まちづくりの支援

人生100年時代に向けて、暮らすだけで「自然と健幸になれる」まちづくりをサポート


 住民一人ひとりが健康かつ生きがいを持ち、安心安全で豊かな生活を営むことができるまちを「健幸都市 (Smart Wellness City)」と位置付け、 健康、 ICT、 都市づくりに係る諸施策の有機的連携によってその実現を目指します。

サービスの特徴

“Society 5.0” が求めるものは、健幸都市の実現
 

  IoT・ICTを活用し、「人(ソフト)」と「都市(ハード)」を融合させた健幸都市施策を企画します。
 また、 健康・生活行動・都市活動などのビッグデータをAI(人工知能)により解析し、エビデンスベースに基づくまちづくり政策(EBPM)を立案します。

 


健幸都市をより詳しく知りたい方へ
健幸都市の実現を目指す自治体首長による研究会『SWC首長研究会』(外部リンク)

産官学が連携して健康長寿社会を支える『SWC協議会』(外部リンク)


健幸都市づくりの核(コア)となる職員育成
 

◆ 100自治体を超えるコンサルティング実績に基づいたまちづくりのノウハウを提供
◆ 課題発見力、事業創造力、PDCAマネジメント力、ヘルスリテラシー能力、インフルエンサー能力を高め、健幸都市プロジェクトの即戦力として活躍できる能力を身に着ける
◆ プロジェクトの推進状況を適切な方法で評価し、そこから得られたデータに基づき、プロジェクトの改善点を見出すことができる人材となる

サービスの内容

まちづくり支援

 
 当社は一流都市開発コンサル会社や国立大学発ITべンチャーと提携していますので、健康寿命延伸に係る当社ノウハウとスマートシティ実現に必要な最先端ITアーキテクチャや都市・交通計画を融合させる「スマートウェルネスシティ」の提案が可能です。現在、4府省(内閣府・国土交通省・総務省・経済産業省)連携「スマートシティ官民連携プラットフォーム」に掲載される先導的プロジェクトを推進中です。

 

札幌市で展開中のスマートウェルネスシティプロジェクトの概念図


政府研究開発プロジェクト(国プロ)受託実績
◆ 国交省:実装にむけた先進的技術やデータを活用したスマートシティの実証調査(札幌市、2020年)
◆ 内閣府:戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・ AI を活用したサイバー空間基盤技術/スマートシティ実証研究/スマートウエルネスシティ実現に係る実証研究(札幌市、2019年、報告書)
◆ 国交省:スマートシティモデル事業・先行モデルプロジェクト(札幌市、2019年、概要図
◆ 総務省:スマートウエルネスシティサービス展開事業(飯塚市、2019年)
◆ 国交省:ICTを活用した官民連携のまちづくり推進プロジェクト(札幌市、2018年)
◆ 国交省:都心部エリアマネジメントに資するビッグデータ分析試行・活用検討(札幌市、2018年)


ウエルネスマネジメント研修会

 
 自ら地域課題解決のプロジェクトをデザインかつマネジメントする能力を持ち、健幸都市実現に向けて、多様な住民が自然と健幸になれる「まちづくり」を推進するためのプロジェクトを立案・推進・評価できる「ウエルネスマネージャ」の育成を行います。
 研修会は自治体・企業・関連団体において健幸都市の実現に向けた事業企画・運営・評価を担う人材を対象として、全10日間・2期制で実施します。第1期(5泊6日)では講義を中心にして健幸都市への理解を深めると共に、高齢社会における健康課題への対策を学びます。一度現場に戻り、研修で学んだことを活用しつつ、あらためて課題を抽出した上で、再び第2期(3泊4日)の研修を行います。これにより、現場での実践を通して健康課題の解決方法を習得し、それを活用できるような人材を育成できる構成・内容となっています。

2020年度ウエルネスマネジメント研修会のご案内はこちら

研修会の様子


ウエルネスマネジメント研修実績
◆ ウエルネスマネージャ養成 (60自治体・145団体で総計450名)


お問い合わせはこちら

04-7197-2360
お問い合せフォーム

お問い合わせはこちら

04-7197-2360

9:00~17:30 (土・日・祝日は除く)

お問い合せフォーム

専用ページ

当社はプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。
個人情報保護法

ページの先頭へ