事業内容

コンサルティング(健康施策支援・事業評価)

これまでの自治体・企業健保等での実績によるノウハウ提供と筑波大学の研究成果に基づき、健康づくり事業の企画・立ち上げ支援、推進支援、評価と、成果の出せる健康づくり事業を総合的に支援します。

つくばウエルネスリサーチが行うコンサルティングの概要

超少子高齢社会、健康づくり分野のコンサルタントが、健康づくり分野を中心とした豊富な実績とデータに基づく客観的分析と、他分野との協力による複合的視点から、スマートウエルネスシティの実現に向けた新たなビジョン策定や課題解決を支援します。

つくばウエルネスリサーチが行うコンサルティングの3つの特長

  1. 自治体の健康施策の成果・効率向上に向けた計画策定支援
    スマートウエルネスシティの実現を目指す自治体の健康課題を明確にし、解決のための施策の立案、業務改善提案、及び自治体施策戦略への提言などを中心とした、計画策定の支援を行います。
  2. 施策の企画・分析・評価を行うためのICTシステム「健幸クラウド」の活用
    我が国で初めて、異なる保険者間の健診・医療レセプトデータの一元化を実現した「健幸クラウド」の活用で、住民の約7割の健康データに基づき、より高精度な健康施策の分析・評価を行います。
  3. 自治体のスマートウエルネスシティ推進を担う実務者の育成
    スマートウエルネスシティを実現するためには、施策を推進する人材をイノベーターに育成することが必要不可欠となります。そのために、科学的根拠に基づいた課題解決にむけた事業展開できる実践力の向上を目指した人材育成の支援を行います。

コンサルティング支援フロー

 

つくばウエルネスリサーチが実施する事業評価

自治体で行われている様々な健康施策に対して、どの事業がアウトカム(医療費抑制、介護リスクの低減等)にむけて効果的なのかを、筑波大学の研究成果による評価指標を活用し、施策の課題や成果を他自治体データと比較しながら、明らかにします。さらに、その課題に対する解決策を長年のコンサルティング実績をもとに導き出します。

 

レセプト・健診データによる施策評価

健康施策の医療費抑制効果をレセプトデータおよび健診データを活用して分析します。KDB(国保データベース)を用いた分析では、健康施策実施前・実施後の医療費の比較はできますが、統計的な解析をすることは困難です。つくばウエルネスリサーチの分析では、年代・性別・医療費等のデータをもとに健康施策参加群と対照群を比較したうえで、統計的手法により事業成果を解析します。また、健診データや歩数データなどと組み合わせることで、さらに詳細な分析も可能となります。

 

健幸まちづくり施策の立案に向けた住民調査

健幸まちづくり※施策の立案にむけ、地域の健康課題をアンケート調査により把握します。調査は筑波大学の研究成果をもとにした独自の指標で実施します。代表的な調査指標として、『健康無関心層の状況』『住民のヘルスリテラシー』『ソーシャルキャピタル』『幸福度』などを、年代別、地区別に分析することで、様々な観点から地域の健康課題を把握し、課題の原因を解明します。調査で明らかにされた課題をもとに、Smart Wellness City(SWC)※のまちづくりを先駆的に行う自治体の事例および筑波大学の研究実績をもとに、SWC実現のための施策立案を行います。

 

※健幸まちづくり…少子高齢化・人口減少が急速に進む中、高齢になっても地域で元気に暮らせる社会を実現するためにも「健幸=健康で幸せ(身体面の健康だけでなく、人々が生きがいを感じ、安心安全で豊かな生活を送れること)」をまちづくりのコアとする理念。
※Smart Wellness City に関する情報はこちら

 

つくばウエルネスリサーチが受託した業務実績

①「健康施策の事業評価」に関する業務実績

 

②「健幸まちづくり事業評価」に関する業務実績

 

③「健幸まちづくり施策立案」に関する業務実績

 

事例サマリー
  • 福島県伊達市
    伊達市での復興支援への取り組みが国土交通省の「東日本大震災の復興における都市政策と健康・医療・福祉政策の連携及びコミュニティ形成に関するガイドライン」に掲載されました。

     

お問い合わせはこちら

04-7197-2360

9:00~17:30 (土・日・祝日は除く)

お問い合せフォーム
  • Smart Wellness Cityプロジェクト バナー

    採用情報 現在求人募集中

専用ページ

当社はプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。
個人情報保護法

ページの先頭へ