実績

e-wellnessシステムによるメタボリックシンドローム改善効果

メタボリックシンドローム予防に取り組むS社では社員を対象にe-wellnessシステムを用いたライフスタイル型(日常の生活の中でウォーキング・筋トレを実施)のプログラムを実施。プログラム開始3ヶ月で58%のメタボリックシンドローム該当者の減少が確認されました。

3ヶ月でメタボリックシンドロームが半減

3ヶ月でメタボリックシンドロームが半減

 D市ではメタボリックシンドローム予防を目的とした健康運動教室で、e-wellnessシステムを用いたプログラムを実施。参加者500名を対象に血液データを分析した結果、e-wellnessプログラムを活用した教室に参加したことにより生活習慣病のリスク保有者の減少が確認されました。

プログラム開始前 6ヶ月後 改善率
(1)肥満者(BMI≥25) 212人 152人 28.3%
(2)脂質代謝異常症群 307人 232人 24.4%
(3)糖尿病・耐糖能異常群 79人 20人 74.7%

*開始前にリスクがある方が6ヶ月後にどのように変化したのかを表した。*糖質代謝異常症群および糖尿病・耐糖能異常群の定義は参考資料を参照

脂質異常症の定義
悪玉コレステロール(LDL)が多すぎる場合、善玉コレステロール(HDL)が少なすぎる場合、
中性脂肪(トリグリセライド)が多すぎる場合のいずれかに該当する症状。
なお、脂質異常症は動脈硬化性疾患の原因にもなります。

D市の脂質異常症診断基準

LDL-コレステロール 140mg/dl 以上
HDL-コレステロール 40mg/dl 未満
TG(トリグリセロイド) 150mg/dl 以上

*3項目のいずれかに該当するもの
*空腹時採血が診断基準であるが、D市は食後の採血データにて分析。

糖尿病の定義
6人に一人が罹患している近年増加が著しい疾患の一つ。
糖尿病であれば、心筋梗塞や狭心症
になる率が2~6倍、脳卒中が約2倍とされている。

耐糖能異常の定義
糖尿病予備軍であり、動脈硬化のリスクが高いといわれている。

D市の糖尿病・耐糖能異常の基準

D市の血液検査は食後測定であるため糖負荷試験の基準である。
140mg/dl以上であった79人を糖尿病・耐糖能異常群として評価した。

正常型 境界型(140~199mg/dl) 糖尿病型(200mg/dl以上)
421人 60人 19人

お問い合わせはこちら

04-7197-2360

9:00~17:30 (土・日・祝日は除く)

お問い合せフォーム

専用ページ

当社はプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。
個人情報保護法

ページの先頭へ