実績紹介

学術

論文

雑誌名:BioMed Research International(2016)

Effects of a Lifestyle-Based Physical Activity Intervention on Medical
Expenditure in Japanese Adults: A Community-Based Retrospective Study
Yasuyo Yoshizawa,1,2 Junghoon Kim,3,4 and Shinya Kuno1,3
詳しくはこちら

雑誌名:【次世代】ヘルスケア機器の新製品開発(2014年5月)

第4章第9節 個別健康支援プログラムによるメタボリックシンドローム・介護予防
久野 譜也・福田 佳奈子
「次世代」ヘルスケア第4章 生体情報モニタリングデバイスの開発・計測技術と応用展開(PDF)

雑誌名:International Journal of Sport and Health Science Vol. 11(2013)

A Comparison of the Influences of Soy- vs. Wheat-based Supplements on Weight Loss in Middle-aged Subjects
(Yoko Suga, Kai Tanabe, Junghoon Kim, Hironori Sato, Soh Iwashita, Koichiro Hamada, Shinya Kuno)
詳しくはこちら

雑誌名:BMC Public Health, 11: 624, 2011.

Association between physical activity and metabolic syndrome in middle-aged Japanese: a cross-sectional study,
Kim Junghoon, Kai Tanabe, Noriko Yokoyama, Hirofumi Zempo and Shinya Kuno

雑誌名 Obesity Research & Clinical Practice, 4: e1-e7, 2009

Estimation of whole-body skeletal muscle mass by bioelectrical impedance analysis in the standing position.
Yoshitake Oshima(a), Toshikazu Shiga(a), Hideyuki Namba(b), Shinya Kuno(b).
(a) Research and Development Department, Omron Healthcare Co., Ltd., 24 Yamanouchi Yamanoshita-cho, Ukyo0ku, Kyoto 615-0084, Japan
(b)Department of Sports Medicine, Graduate School of Comprehensive Human Science, University of Tsukuba, Ibaraki, Japan

雑誌名 Obesity Research & Clinical Practice 2009

Estimation of whole-body skeletal muscle mass by bioelectrical impedance analysis in the standing position.
Yoshitake Oshima1), Toshikazu Shiga1), Hideyuki Namba2) and Shinya Kuno2)

  1. Omron Healthcare Co., Ltd.
  2. Department of Sports Medicine, University of Tsukuba
雑誌名 International Journal of Sport and Health Science 2009

Development of a Physical Fitness Estimation Method for Middle-aged and Elderly Persons Using Computerized Adaptive Testing.
Hideyuki Namba1), Takahiro Nakano2), Kanako Fukuda3), Kai Tanabe1),Takahiko Nishijima4), Hironori Sato3) and Shinya Kuno1)

  1. Department of Sports Medicine, University of Tsukuba
  2. Department of Human Health, Nagoya Gakuin University
  3. Tsukuba Wellness Research Co., Ltd.
  4. Department of Physical Education, Health and Sport Sciences, University of Tsukuba

学会

第75回日本公衆衛生学会総会, 大阪, 10月, 2016.
  • 健康都市施策での生活習慣病医療費に影響する要因分析−SWCプロジェクト(43)−
    塚尾 晶子, 安田光佑, 宮本雄司, 久野譜也
    論文抄録(PDF)  ポスター(PDF)
  • 生活習慣病・ロコモティブ症候群医療費の抑制効果検証−SWCプロジェクト(44)−
    安田光佑, 塚尾 晶子, 宮本雄司, 久野譜也
    論文抄録(PDF)  ポスター(PDF)
第73回公衆衛生学会 , 栃木, 11月, 2014.
  • ICTによる地域住民への 健康情報提供システムの開発-SWCプロジェクト(31)−
    齋藤直美, 鈴木桂林, 横山典子, 千々木祥子, 久野譜也
    論文抄録(PDF)
日本臨床スポーツ医学会誌Vol.21

地域コミュニティの再構築がソーシャルキャピタル及び身体活動量に及ぼす影響
吉澤裕世、横山典子、菅洋子、田辺解、西尾チヅル、久野譜也
臨床スポーツ医学会誌Vol.21(PDF)

第71回日本公衆衛生学会,山口市,10月,2012.

運動習慣における自宅近隣環境要因の影響 ~地理情報システムによる客観的指標を用いて~
-Smart Wellness Cityプロジェクト(6)-

藤井紀美子,吉澤裕世,久野譜也

日本体力医学会第67回大会,岐阜市,9月,2012.
  • 仮設住宅居住者に対する遠隔ICTによる運動プラグラムの介入効果
    -Smart Wellness Cityプロジェクト(7)-

    吉澤裕世,横山典子,菅洋子,田辺解,大久保麗子,鶴岡秀一,山縣邦弘,久野譜也
  • 地域住民における身体活動を促進するためのヘルスリテラシーと運動セルフエフィカシーの影響-Smart Wellness Cityプロジェクト(8)-
    横山典子,菅洋子,田辺解,西尾チヅル,久野譜也
  • サルコペニア肥満が歩行能力に及ぼす影響
    -Smart Wellness Cityプロジェクト(9)-

    田辺解,金正訓,菅洋子,秋田浩平,横山典子,久野譜也
  • 勤労者におけるヘルスリテラシーと主観的な日常身体活動量の関係性
    -Smart Wellness Cityプロジェクト(10)-

    秋田浩平,田辺解,金正訓,森谷路子,丹羽隆史,安藤加里菜,久野譜也
  • プログラムサービス品質が運動継続期間に及ぼす影響
    -Smart Wellness Cityプロジェクト(11)-

    菅洋子,横山典子,田辺解,西尾チヅル,久野譜也
日本体育学会第63回大会,平塚,8月,2012.

東日本大震災による仮設住宅への居住が日常の身体活動量に及ぼす影響
-Smart Wellness Cityプロジェクト(3)-

吉澤裕世,横山典子,菅洋子,田辺解,久野譜也

第70回日本公衆衛生学会,秋田,10月,2011.
  • 地域の運動教室への参加が個人のソーシャルキャピタル向上に与える効果
    吉澤裕世,横山典子,菅洋子,久野譜也
  • 地域住民における身体活動量、運動実施意図、MetSリスクとヘルスリテラシーの関係
    横山典子,菅洋子,田辺解,久野譜也
第66回日本体力医学会大会,下関,9月,2011.
  • メタボリックシンドローム予防を目的とした性・年代別の筋量基準値の検討
    田辺解,金正訓,村瀬訓生,勝村俊仁,内田淑子,鈴木章孝,岩渕篤敬,坪井紀興,代田常道, 志賀利一,大島秀武,久野譜也
  • 高齢女性の足部異常に対するフットケアが歩行機能に及ぼす影響
    桜井祐子,田辺解,久野譜也
  • 勤労者における身体活動量充足に関連する物理的環境要因、及び地域と職場のソーシャルキャピタル
    吉澤裕世,横山典子,菅洋子,田辺解,久野譜也
  • 活動強度別にみた身体活動量とメタボリックシンドロームの関連性
    金正訓,田辺解,横山典子,膳法浩史,久野譜也
  • 地域住民における運動実施意図の有無と精神健康度との関係
    横山典子,菅洋子,田辺解,久野譜也
第69回日本公衆衛生学会
薬局を拠点とした運動と食事の行動変容プログラムの体力と腹囲に対する効果の検証

菅洋子、牛凱軍、佐藤広徳、久野譜也、永富良一
論文抄録(PDF)
ポスター(PDF)

第65回日本体力医学会大会
介護予防デイサービス通所者の体力レベルおよび運動実施によるトレーニング効果について

佐藤広徳、菅洋子、長島将士、青木大輔、久野譜也
論文抄録(PDF)
ポスター(PDF)

第65回日本体力医学会大会
大豆配合の補助食品摂取が中年男女の減量に及ぼす効果

菅洋子1)、田辺解2)、金正訓2)、佐藤広徳1)、岩下聡3)、濱田広一郎3)、久野譜也1)2)
1)つくばウエルネスリサーチ、2)筑波大学大学院人間総合科学研究科、3)大塚製薬株式会社佐賀栄養製品研究所
論文抄録(PDF)
ポスター(PDF)

第64回日本体力医学会
コンピュータ体力推定法による健康体力年齢の開発

難波秀行1)、田辺 解2)、菅 洋子1)、佐藤広徳1)、久野譜也1,2)
1)つくばウエルネスリサーチ、2)筑波大学大学院人間総合科学研究科
論文抄録(PDF)

第68回日本公衆衛生学会
医療費及び医療費に関連する健康指標に影響を及ぼす要因について

菅洋子(株式会社つくばウエルネスリサーチ)久野譜也(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
論文抄録(PDF)

第7回加齢と身体活動に関する国際学術会議(ISAPA2008)
Development of Total Physical Fitness Evaluation Method without Performing Exercise Testing

難波秀行1)、田辺 解1)、横山典子1)、坂戸洋子2)、佐藤広徳2)、西嶋尚彦1)、久野譜也1)
1)筑波大学大学院人間総合科学研究科、2)つくばウエルネスリサーチ

第55回日本栄養改善学会学術総会
シンポジウム: 大学発ベンチャー企業による科学的根拠に基づく保健指導

久野譜也 筑波大学大学院人間総合科学研究科

第63回日本体力医学会大会
インピーダンス法による下肢筋量測定の有用性について

佐藤広徳1)、田辺 解2)、難波秀行2)、大島秀武3)、志賀利一3)、久野譜也2)
1) つくばウエルネスリサーチ、2) 筑波大学大学院人間総合科学研究科、3) オムロンヘルスケア
論文抄録(PDF)
ポスター(PDF)

自治体における民間サポート型健康づくり教室の有効性に関する研究(1)
~参加継続者の医療費抑制,体力の向上効果を中心として~

福田佳奈子1)、坂戸洋子1)、難波秀行1)、久野譜也1)、2)
1)つくばウエルネスリサーチ、2)筑波大学大学院人間総合科学研究科
論文抄録(PDF)
ポスター(PDF)

自治体における民間サポート型健康づくり教室の有効性に関する研究(2)
~国保ヘルスアップ事業における成果~

坂戸洋子1)、渡邉理津子1)、福田佳奈子1)、難波秀行1)、久野譜也1)、2)
1)つくばウエルネスリサーチ、2)筑波大学大学院人間総合科学研究科
論文抄録(PDF)
ポスター(PDF)

重回帰モデル簡易体力評価法の開発とトレーニング効果の判定について

難波秀行1)、田辺 解1)、横山典子1)、坂戸洋子2)、佐藤広徳2)、西嶋尚彦1)、久野譜也1)
1)筑波大学大学院人間総合科学研究科、2)つくばウエルネスリサーチ
論文抄録(PDF)

The American Physiological Society September, 24-29, 2008

Comparison of Outcomes in Different Methods Using or Non-using e-wellness System.
Shinya Kuno1), Yoko Sakato2), Nobuko Zaima2), Ritsuko Watanabe2), Shigeko Murakami2), Hironori Sato2).

  1. Department of Sports Medicine, University of Tsukuba, Japan.
  2. Tsukuba Wellness Research Corporation.

ポスター(PDF)

お問い合わせはこちら

04-7197-2360

午前9時~夕方6時 (土・日・祝日は除く)

お問い合せフォーム
  • Smart Wellness Cityプロジェクト バナー

    採用情報 現在求人募集中

専用ページ

当社はプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。
個人情報保護法

ページの先頭へ