ニュース一覧

お知らせ

【研究結果】e-wellness実施者は要支援認定の発生率が低い結果が出ました

これまでのe-wellness実施者と未実施者のデータを分析した結果、e-wellness実施者は要支援認定の発生率が低いことがわかりました。

図1 e-wellness実施者及び未実施者の要支援認定発生率比較データ

 

要支援の発生リスクが未実施者と比較して64%低い結果がでており、介護支援認定率の抑制につながっています。

年別アーカイブ

お問い合わせはこちら

04-7197-2360

午前9時~夕方6時 (土・日・祝日は除く)

お問い合せフォーム
  • Smart Wellness Cityプロジェクト バナー

    採用情報

専用ページ

ページの先頭へ