ニュース一覧

メディアニュース

母親の介護体験語る 流山で講演ライブ 綾戸智恵さん

人気ジャズシンガーの綾戸智恵さんが20日、流山市文化会館で講演ライブを行った。綾戸さんは自身の介護体験や音楽活動などについて語り、「体だけでなく心の体操も大事」「歌っていたからこそ自分を作ることができたし、介護ができていると思う」などと、軽妙なジョークを交えながら約800人の参加者に発想の転換や音楽の素晴らしさをアピールした。

同講演ライブは、寝たきりや生活習慣病の予防をテーマにしたイベント「流山いきいき健康フェスタ」の一環。「生きることがリハビリ」と題し綾戸さんは、76歳で脳梗塞(こうそく)を患うなど病気やけがに見舞われた母親の介護について語った。

「介護はする側の自分が頑張ればいいのだと考えていた。でもそれは間違いだと気付いたんです。人は誰かのために生きたいんですね。誰かのお世話になりたいんじゃないんです」と、ハンドマイクを手に聴衆に語り掛けるように話した。

千葉日報 2009年10月22日より

年別アーカイブ

お問い合わせはこちら

04-7197-2360

午前9時~夕方5時30分 (土・日・祝日は除く)

お問い合せフォーム

専用ページ

ページの先頭へ